コラム

【反省会】2019年を振り返ってみた。人生は、簡単に変えられる

こんにちは。翼猫です。

本日は、2019年の12月31日。今年もそろそろ終わりを迎えます。

皆さんにとって、2019年はどんな年でしたか?

私は今年を振り返ってみて、1年前と比べると「確実に、今までの考え方・価値観」が

全く別になっていることに気づかされた1年でした。同じ自分なのに、不思議なものです。

私の中で一番大きく変わった価値観は「会社に属さなくなっても、人生終わりではない

ということです。これまでは、

翼猫
翼猫
定年までは、会社に勤めていて当たり前

という価値観を23年間持って生きてきました。それは親から教わったり、周囲を取り巻く環境の中で、周りの皆サラリーマンや公務員となって就職しているからです。

実際、社会人として働いてみると・・・

ただ、実際社会人になって、サラリーマンとして働いて感じたことがあります。それも、入社してまだ8か月と日も経っていない頃。

翼猫
翼猫
毎日朝起きて、決められた時間に出社して、仕事して、家に帰って、寝て、また朝起きて・・・これが・・・あと40年以上も続くの?

大学の頃まで、あまり真面目ではなく、遊びまくっていた私にとってはかなり窮屈感を感じました。生活にまったく自由が無く、人生の行動を制限されているような感覚です。

それは、毎朝の通勤電車による消耗、あまり意味をなさない定例会議、絶対に定時に帰れない毎日、自分にとって面白くない仕事内容・・・これを40年以上も続ける勇気は、自分にはどうしても持てませんでした。

そして同じような毎日が刻一刻と過ぎていき、1日、1週間、1か月と、あっという間に過ぎていく。何もワクワクしないのに。

翼猫
翼猫
こんなつまらない人生歩んでいって、人生を終えるのは勘弁して・・・

と、いつの日からか思うようになりました。何かを変えないといけないと思ったのが、2019年の1月頃です。

とは言っても、会社員を辞めたらフリーターか派遣社員になって、会社員より稼げないようになるよなぁ・・・と。

世界は、まだまだ広かった

そんなある日のこと。ネットを調べていて、とあるものを見つけました。それは「ブログで飯を食っている人がいる」という情報です。

翼猫
翼猫
ブログでそんな数十万円も稼げるなんて、そんなアホな・・・

と思い調べていたのですが、調べてみると、結構な数でブログで稼いでいる方がいらっしゃったんですね。

翼猫
翼猫
よし、これしかない!

と思って、私にはそれまで副業するという考えがなかったのですが、自分も挑戦してみようということでブログを始めてみることにしました。

2019年の2月からWordPressでブログを始め、2か月ほどたった後に、本職の仕事で大きなミスをやらかしてしまい、毎日遅くまで残業の日々。23時以降まで残業する日もあり、本当につらい時期で、気づいたらブログの更新が止まっていました。(今では、根性の無さに反省しています)

退職前に、運命の1冊と出会う

2019年の2月には、2019年末に会社を退職するということが決まっていて、11月頃に焦って、ブログを再開し始めました。

11月頃に脱サラに向けてモチベーションを高めるために様々な自己啓発書を読んでいたのですが、そのときに運命の本に出会いました。

それが『嫌われる勇気』という1冊の本です。この1冊を読んで、私のこれまでの考え方が一転したのを覚えています。

その本の中でも一番に印象に残っているのが『起こった出来事に対しては、自分の解釈次第で意味づけを変えられる』ということです。

この考え方を知っておくだけで、あらゆるネガティブな考えが、ポジティブに変わります。例えば、『今更気づいても、もう行動するには遅い』と頭の中で考えている人が居たとします。それは、その人がそう解釈して捉えているだけで、意味づけを変えることでポジティブな解釈に変えることが可能です。

『今気づいていて良かった。もっと遅くに気づいていれば行動できないところだった』という風に解釈を変えるとどうでしょうか。起きた出来事は同じであっても、言葉を変える、解釈に変化を加えることで、捉え方を自在に変化することが出来るのです。

2019年11月、退職が目前に迫っており、自分は何も動いてなかったので、内心会社を出たら収入が0になることに対して正直焦っていました。

でも、冷静に物事を捉えることにしました。

会社に属さなくなっても、人生終わり」ではなく「会社に属さなくなったら、それだけ他の選択肢が増える」と自分の中で意味づけを変えたのです。

そこからは冷静に退職までの準備を施し、着々と脱サラ計画を進めることが出来ています。

解釈って、自分が意識すれば簡単に変えられるんです。そして、人間は感情で行動するのでネガティブに物事を解釈をすると、どうしても行動までもネガティブになります。

なので、プラスに物事を解釈してみてください。ポジティブな感情になり、行動にも積極性が出てくるのに気づくと思います。

視野を広げて、選択肢を広く持って生きていく

大学を出たらサラリーマンとして、社会に出て、車を買って、結婚して、結婚して、子供が良まれて、幸せを築いていくという、そういった「固定された幸せのモデル」というのを一つずつ手に入れて段階を踏んでいくのが、人生の幸せであると思っていました。

でも今は、そもそもサラリーマンであること自体が自分にとってはベストではないと、感じています。それは自分だけではなくて、そう思っている人結構多いですよね。

もっとみんな自由に、楽しめることを仕事にすれば、もっと人生豊かになれるはずだと。

なぜ、サラリーマンで働くことが嫌なのに、続けている人が存在するのか。それは「会社を辞めたら、収入がなくなるから、嫌な仕事でも続けるしかない」という答えが大半ではないでしょうか。

でも、私は、そう考えている人たちに証明したいんです。

翼猫
翼猫
サラリーマン辞めて一人になっても、食っていけるぞ!

ということを。私自身が成し遂げて、そういう選択肢をサラリーマン辞めれなくて困っている人たちに広げたいと本気で思っています

2020年、私はサラリーマンというフィールドから、個人で生きる道に活動の場を移します。

私のブログを読んで下さっている皆さんに、一つでも「役に立った」と思って貰えるような経験、知識をお伝えできるよう、

毎日本気で生きていきたい。そう思っています。

2020年も、タマクロライフをどうぞよろしくお願いします。

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです