就職・転職

仕事に飽きたと感じたらすぐに転職すべき理由をお話しします

仕事がつまらない

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

今仕事に飽きてしまった・・・毎日がつまらない。

という悩みを持つ人に向けて、この記事を書きました。

結論、ばっさり申し上げます。

つばさねこ
つばさねこ
仕事に飽きている時点で、そろそろ環境を変えることを視野に入れてみてもいいかもしれません。

僕自身も、過去の仕事に飽きて

つばさねこ
つばさねこ
毎日、つまらなすぎる・・・

と思いながら約1年間の月日を過ごしたんですが、結局最後に残った感想というのが

月日を無駄に消耗したという後悔です。

先日、こんなツイートをしました。

上記のツイートの通り、従事している仕事がつまらないと感じたら「会社を損切りする勇気」が必要なんですね。

つまり、会社に飽きてしまった!と感じた時点で、会社を変えたり、現在の仕事を変えてもらうように上司に願い申し上げたり、何かしらの自発的アクションをとる必要があります。

この記事では、

今の仕事に飽きたら、すぐに転職すべき具体的な理由

仕事に飽きてもその場に居続ける選択をとった人の末路

この辺りを中心にお話しします。

今の仕事に飽きたらすぐに転職すべき具体的な理由と仕事に飽きてもその場に居続ける選択をとった人の末路は、以下の結論になります。

どこかのタイミングで必ず伸び悩む

時間を軽視にしがちになる

我慢=労働の対価という思考に陥りがちになる

です。順に解説します。

仕事に飽きたと感じたらすぐに転職すべき理由

悲しい

では、仕事に飽きたと感じたら転職すべき理由を解説します。

仕事に飽きることは、人間の性質上仕方ない

仕事に飽きるということ自体は、なんら珍しいことではありません。

いい意味でも悪い意味でも人間は「慣れる生き物」です。

人間は「新しいことを始めた時が絶頂のピークで、そこからワクワク感は次第に落ちていく」という特徴があります。

例えば、喉から手が出るほど欲しいゲームソフトがあったとします。新作のポケモン等ですね。ポケモンの最新作を手に入れた瞬間は幸せの絶頂を感じることでしょう。

しかし、その幸せというのは手に入れた瞬間をピークに、

「慣れ」が生じ、ポケモンをプレイしていくことが当たり前になっていくんですね。

そして、ストーリーを全クリアしたら飽きてしまって、

新しいポケモンの発売が待ち遠しい!というようになります。

それは仕事に関しても同じことが言えます。

最初、興味があった仕事に取り組むことが出来たら「最高に楽しい」という感情に包まれることでしょう。

ただ、同じ仕事を数年、数十年と積み重ねていけばどこかのタイミングで

なんか、毎日同じことの連続だな・・・

と、物足りなさを感じるんですよね。

では、仕事に飽きたらすぐに転職すべき理由と、仕事に飽きてもその仕事に従事し続けた人の末路を説明します。

どこかのタイミングで必ず伸び悩む

仕事に飽きたら、必ず「どこかのフェーズ」で伸び悩みます。

そもそも「飽きて何かを続ける」っていうのは、受け身的なアプローチですよね。

仕事の場合は、「続けざるを得ない」という場合が多いでしょう。金銭的な問題で、仕事を続けなければならない・・・という場合が多いですね。

受け身で何かをする」のと、「自発的に何かをする」のでは、成長のスピードが全然違います。

例えば、「勉強がめちゃ嫌いで退屈だけど、ゲームが大好きな男の子」が居たとします。その男の子は、「勉強は学校にやらされている。」「ゲームは自発的にやっている」という状況です。

実際、こういう特徴を持つ人って結構居ますが、総じてテストではいい結果を残せず親に叱られてしまう。しかし、ゲームは大得意で対戦ゲームをしたらめちゃめちゃ強い。

こういう現象が起こります。

勉強に関しては受け身で行っているから成績は伸びないし、ゲームに関しては自発的に行っているから、ゲームが上達するんですね。

時間を軽視にしがちになる

「飽きたと感じる仕事」を従事しているときは、

早く時間経たないかな〜

って思う人が大半です。飽きている仕事なんてやってもつまらないし、家に早く帰りたいと思いますよね。

正直、時間というのはお金と同じぐらい大きな価値を持っています。

「時は金なり」という言葉があるくらいですから。

そもそも沢山のお金を生み出すためには、多くの時間が必要ですからね。

「早く時間が立たないかな」という思考を持って時間を無駄に過ごす行為自体、「お金なんて、いらない」と言っているのと同義です。

時間を軽視していては、一生裕福になれません。(もしあなたが、人よりお金持ちになりたいと思っているのならば、この考え方は結構大事です)

我慢=労働の対価という思考に陥りがちになる

飽きた仕事を続けることによって、最も危惧すべきなのは

仕事には飽きているけど、給料のためには我慢して続けなければならない

という、我慢して仕事=労働の対価という思考が染みついてしまうという点です。

この思考の何が危険なのかというと、

労働は、与えられたものをこなすものだ」と自分の中で植えつけてしまうようになることです。

これが意味するのは、ビジネスマンとしての「思考停止」です。

上からの命令によってのみ従う労働従事者は、

これからの時代生きていくことは難しいでしょう。

何故なら、「思考停止」しているビジネスマンに与えられる仕事というのは「単純労働」であって、単純労働は最もAIが得意とする分野です。

今後AIやオートメーションの技術が発展したら、そのような「単純労働」しか出来ないような労働者は価値が著しく低下します。

これからの時代は「我慢=労働の対価」という受け身的アプローチでははなく、「新たに価値を想像する」という自発的なアプローチが必要です。

今の仕事、自分で進んで働いているのではなくて、生活のために嫌々働いているな・・・

という自覚があるのなら、「転職」を視野に入れてみてはどうでしょうか。

飽きた仕事を続けていても、自分の市場価値が上がらない

あなたが飽きた仕事をそのまま続けていたとしても、いずれ環境を変える可能性が高いですよね。

もし、そうだとするのであれば今あなたが行っている仕事というのは、時間を消耗しているだけなんですね。

今後仕事を変えるのであれば、今行っている職場での経験は無駄になるでしょう。

例えば、

一流のエンジニアになりたい!

と、あなたが志していたとします。

そう願っていた場合、永遠に企業の事務職で働いていたとしても、

全く意味をなさないですよね。

それならば、早いうちに「自分の興味あること」に重き置いて、新しいスキルの取得に意識と時間を傾けたがいいです。

自分の今の市場価値を調べてみましょう

ミイダス
今の仕事は給料がいいから、仕事に飽きていたとしても続けています。

という人は、今の自分の市場価値を調べてみましょう。

ミイダスというサービスを使えば、現在のあなたの市場価値を調べてくれます。

ミイダスでは、今までの経歴や職務経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職アプリを提供するサービスです。

過去記事にて、実際私が自分の市場価値を調べてみました。

転職を考える場合、役に立つサービスです。

分析
ミイダスで市場価値を診断してみた。その結果は?こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 波あり谷ありの人生を送ってきて、今現在月収200円のブロガーです。 ...

転職するならキャリアアップを目指しましょう

type
転職を検討するんであれば、今所属しているところよりも条件が良いところに勤めたいですよね。

筆者が推薦したいのはtypeという転職サービスです。

転職にてキャリアアップを目指したい!という転職活動を行っている人向けに

簡単に「適職」に出会えるための独自サービスを提供しています。

実際私も使ってみましたが、AIに求人を求めることが出来たり、「仕事満足度診断」という診断で、現在従事している仕事の満足度を測ることが出来ます。

過去の記事で、筆者が実際に「AIでの求人サービス」や「仕事満足度」を診断しました。

AI
転職サイト「type」で、AIに求人を頼ってみた(体験談)つばさねこ(@wing_tamalife)です。 現在ブログとYouTuberとして活動しています。僕は今でこそ独立して、ブログと...

まとめ:自分でやりたい仕事に従事するのがベスト

今回の記事の要点をまとめます。

まとめ

仕事に飽きることは人間の性質上仕方ない。飽きが生じたらどんどん新しいことに挑戦しよう。

時間を軽視するのは「お金いらないです」と言っているのと同じ。時間の大切さを再認識しよう。

受け身的な労働では、自分の市場価値は上がらない。自ら好きな仕事に取り組んでみよう。

仕事つまらない・・・今は我慢だ。いつか、楽しくなる時がくるはず!

と、チャンスを待っていても、残念ながら人生はそんなに甘くありません。

そんなチャンスを待っているうちに、

人生の時間は刻一刻と過ぎ、新しいことに挑戦する機会というのは永遠に訪れません。

そして多くの人が

もっと早くから動いていれば良かった・・・

と、後悔するのです。

時間は失ってからでは遅いのです。

失った時間は2度と戻ってきません。

つばさねこ
つばさねこ
筆者は、1年間仕事に飽きたまま続けていたけど、1年間で得たものは「後悔」のみでした・・・・

今の仕事に違和感を感じていたら、環境を変えることを強くオススメします。

オススメの転職サイトを紹介します。第二新卒向けと書いてありますが、第二新卒ではなくとも、就活に必須のサイトを厳選しています。

2度目の機会
第二新卒のためのおすすめの転職サイトをご紹介します。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 過去の記事にて、会社を辞めたいと思ったら入社3年以内でも退職すべき理由を紹介しま...
ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです