サラリーマン卒業

起業直後のお金がない危機を乗り越える方法

お金

翼猫(@wing_tamalife)です。

起業したけど、お金が全然ない・・・どうしよう。

こんな悩みにお答えします。

新卒のIT会社を21ヶ月で辞めて、その後にサラリーマンを卒業。

それから、2020年1月に独立して、現在2ヶ月目です。

ブログでネット起業した者です。

今回は、起業直後に陥りがちな”金欠”の話をしていきたいと思います。

起業直後というのは、余程のビジネスの才に溢れた”天才”にしか稼ぎ出すことはできません。(そもそも、そんな人みたことないし、いたとしても尋常じゃない努力をしている)

大半の人が、独立してフリーランスになり”起業”した時は貧困に陥ります。

起業直後なんて赤字が当たり前です。

いかに貯蓄がそこを尽きる前に、収支をプラマイゼロにして、

黒字にしていくかが鍵となってきます。

そんな時に、家賃、通信費、食費、税金が重くのしかかってきたりして、独立数ヶ月後にピンチ!ということもあるんですよね。

特に、貯金100万円以下で起業すると、みるみるうちにお金が減る恐怖と戦わなければいけません。

精神的にも、あまりよろしくないです。

そんなこんなで、会社員に戻らないためにも”最低10万円”ほどは稼ぎ出したい所。

10万円あれば、貯金の流出を防ぐことが出来、とりあえずは食いつないでいけます。

今回は、起業直後に陥るであろう”金欠”の危機を乗り越える方法を皆さんにお伝えします。

僕も今独立2ヶ月目で、手元に残した120万円という貯蓄に頼っているのですが、今後手持ちが怪しくなってきた時に、取ろうとしている資金調達方法でもあります。

それは以下の4つ。

・不用品転売

・クラウドソーシング・Twitterで案件受注

・セルフバック

・親に頼る

では、解説していきますね。

起業直後のお金がない危機を乗り越える方法

クレジットカード
起業直後のお金がない危機を乗り越える方法を4つご紹介していきます。

その前に、まずは「生活費の見直し」をすることが大切です。

まずは生活費の見直しをする

起業するからには、極力資金をビジネスに投資する必要があります。そのため、娯楽や趣味・嗜好品に使うのはあまりお勧めしません。

無駄遣いを減らせ!ということですね。

例えば、タバコ、お酒、飲み会等の出費ですね。独立直後に完全に0にしろ!というのは流石に酷だと思うので、それでも頻度を抑えましょう。

月に3度は行く飲み会を月1回にしたり、タバコの本数を減らしたりですね。

いやいや、飲み会の頻度を減らすなんてあり得ねぇ〜!酒持ってこい!

みたいに、我欲を抑制できない性格では、起業して成功するのは難しいと思われます。

あとは、スマホを格安SIMに変えたり、家賃を抑えるために実家に戻ったり、外食を抑えることで食費を浮かしたり、テレビを売ることでNHKの受信料を解約したり…

見直せば、暮らしには無駄があることを知ることが出来るはずです。

固定費の削減=本来失われるはずだったお金をセーブする

という事になり、節約にも繋がりますよね。

不用品をフリマアプリで売る

不用品をフリマアプリ「メルカリ」等で売ってしまうのは、最も身近で簡単な小銭を得る手段です。

家の中に眠っている不用品は、宝の山です。

極端な話、トイレットペーパーの芯でも売れる時代ですからね。

「これは売れないだろ」と思っていても、意外なものに価値がついたりすることもあります。

クラウドソーシング・Twitterで案件受注

クラウドソーシングやTwitterで案件を受注するのも手かもしれません。

一般的なのは「クラウドソーシング」ですね。

大手のクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークスランサーズですね。

クラウドソーシングでは、自分のスキルを活かして、案件を受注することが出来ます。

「ライター」だったり、「動画編集」だったり、「プログラミング」だったり、役に立つスキルは様々です。

Twitterでも、案件は受注できます。

Twitterで案件をすぐに受注するのは、慣れていないと難しいかもしれません。

そのためには、積極的に他の人とコミュニケーションをとっていく必要がありますがね。

Twitterで仕事を受注するなら、以下の外部記事がオススメです。

https://manablog.org/twitter-work/

セルフバック

アフィリエイトサイトの「セルフバック」を使って、稼ぐ方法です。

セルフバックとは、「自分が商品を無料申し込みする事によって、その商品を契約する事でお金が貰えるといった仕組み」です。

以下の、大手のアフィリエイトサイトを使うのが安心でしょう。

以下のアフィリエイトサイトの2つを登録しておけば、問題ないです。

セルフバックを頑張れば、1日に10万円稼ぐことは難しくないでしょう。

例えば、

・新規のクレジットカードの開設

・ネット回線契約

・FXの口座開設

等がありますね。

お勧めはクレジットカードの契約ですね。

あって困るようなものではないので。(※ただし、連続でクレジットカードを申請するのは辞めておきましょう。多重申請は審査に通らない場合もあるので。)

申し込んだら、報酬がいくらか返ってくる感じです。

例えば、以下の楽天カードを申し込みすれば、1万円がサクッと稼げます。

年会費も無料なので、1万円丸々稼ぐことが出来ます。楽天カードは、大手のカード会社なので普通にほしい人も多いのではないでしょうか。

A8.net

セルフバックは基本的に1回限りです。例えば「楽天カードのセルフバック」なら、1回限りしか申し込みできません。

なので、継続的に収入を得ることは難しいと考えておきましょう。

気になった商品があれば、申し込んでみましょう。

親にお金を借りる

親にお金を借りるというのは、少々苦労をかけますが悪くない選択肢です。

親からしても、お金がないからといって消費者金融やヤミ金業者に引っかかって、

多重債務に陥られるよりかは、安心でしょう。

起業後に、必ずビジネスを成功させて、何倍にもして返しましょう。

起業後にお金がなくても、なんとかなる

起業後にお金がなくとも、なんとか生き延びることが出来るのが今の日本です。

ブラック企業に嫌気がさし、

ブラック企業で働くのはもう懲り懲りだ!

と思い立った、何も背負うものがない若者こそ、起業に挑戦すべきだと思っています。

生活コストを下げれば、月10万円あれば生き延びることは全然可能です。

ネット起業は本当にリスクが少なく、成功した時に得るものが大きすぎるので、挑戦するに越したことはないです。

Web起業
脱サラしてネットで起業するのがオススメな理由つばさねこ(@wing_tamalife)です。 今回は、 という人のお悩みを解消します。 率直に答えを申し上...

 

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです