会社やめたい

会社の退職の引き止めがしつこい!辞めたければ辞めればいい

退職の引き止め

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

会社の退職時に、引き止めにあいそうで辞めるに退職を切り出せない
会社の退職を告げたら、実際に退職の引き止めがしつこい・・・

このように悩む人も多いことでしょう。会社としても、退職者を出すというのは損害ですからね。上司は評価を気にしているのかもしれないし、会社としては採用にかかったコストを考えると手放したくない。

僕も実際、新卒で入った会社を辞める際に、部長に引き止めに逢いました。

より良い条件で労働環境を提供するというオファーをいただきましたが、それを承諾するのは正解じゃないと判断し、断りました。

あなたは、会社を退職したいけれどもしつこい引き止めに遭った、もしくは退職の旨を告げると引き止められると思っているから、この記事にたどり着いたのでしょう。

結論言います。

あなたが退職を望むのなら、スパッと辞めちゃいましょう。

この記事では、会社の退職時の引き止めがしつこくても辞めたければ辞めればいいという話をしていきます。

こんな人には、退職代行サービスがオススメです!

退職したいけれども、上司がパワハラ気質なので中々退職を切り出せない

自分が関わらなくとも穏便に、退職を済ませたい

退職代行サービスとは…

▼有給を利用することで、即日退社が可能

▼自分は家にいるだけで、代行の業者が退職の手続き等を全て行ってくれる

退職代行
退職代行サービスとは?ブラック企業から絶対に退職しよう【社畜からの脱却】こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 僕は、このブログで常に皆さんに発信し続けています。 僕...

会社の退職時に引き止めにあっても、辞めたければ辞めればいい

出口
会社を辞めたいという意思を、しつこく引き止められるというのがそもそもよく分からないですよね。

あなたは会社で満足がいかなかったり、パワハラまがいの行為を受けたり、人間関係がうまくいっていなかったり、真っ当な理由で退職を望んでいることでしょう。

あなたは、他の環境で頑張ることを選んだ

会社に不満を持ちつつも、そこに居座ることを選ぶ人って実は多いんですよね。

大半の理由が

転職活動が面倒くさい

環境を移すために行動するよりかは、今の環境を我慢した方がまし

お金がないから、辞められない

こう言った感じで、何かと理由をつけて動こうとしません。

会社に不満を持ちながら生きるくらいなら、絶対に環境が良いところに身を移すのが正解です。

会社に不満を持ちながら生きていてもいいことはありません。

ストレスは溜まるわ、毎日は楽しくないわ・・・で、何のメリットもないんですよね。

ただただ、人生を浪費しているだけ。

なので、

このままではマズい・・・心機一転、環境を変えないと!

と思い立って、行動しようとしているあなたは偉い。

「退職したい」と思っていても、

いざとなるとビビって退職できない人が多いですから。

退職の引き止めがしつこいことは結構ある

退職を告げると、引き止めがしつこいことがよくあります。

お前がいなくなると、この職場が回らなくなるじゃないか!

何のために会社に入ったんだ?根性がなさすぎないか?

希望を叶えるから、もう少し居残ることを考えてみないか?

と、様々な理由で、上司は引き止めてくるでしょう。

でも、これは全て無視して、自分がどう望んでいるかを第一に行動すべきです。

そもそも、上記の意見を論破するとします。

お前がいなくなると、この職場が回らなくなるじゃないか!

1人抜けて職場が回ることなんてあり得ない。もし本当に起こるとするならば、それは上の人間の管理不足

何のために会社に入ったんだ?根性がなさすぎないか?

人は時の経過とともに、心も変わりゆく生き物。入社時と現在では、仕事観、生き方、キャリアに関する考え方は全く異なっているのが普通

そもそも、これからの時代に、会社に働き続ける上で根性論は通用しない。

希望を叶えるから、もう少し居残ることを考えてみないか?

希望を伝えてきたのに、会社側はそれを拒否した結果不満が溜まり退職するに至った。会社側の都合が悪くなった時だけ、従業員を優遇するのは都合が良すぎる

「お前が必要だ!」なんて言葉は実際タテマエで、

本音は「部下に辞められると、自分の社内評価が下がる

部下のやめた後の、社内の人員配置が面倒

ということです。会社で働いている限り、大抵の従事している仕事は「代替できる仕事」ですので、あなたが向けたとしても、他の人で穴埋めが出来るはずなんです。

そうなっていないと、組織として、会社として問題です。

退職を引き止めることは出来ない

あなたが期間に定めのない雇用契約の正社員であるならば「職業選択の自由」がある限り、労働者は職業を自由に選ぶことができます。なので、あなたが退職を望めば、2週間前に退職届を出せば退職することができます

(社内規定では、退職する場合は1ヶ月前に報告!などとありますが、法律上は2週間前です)

退職の際に会社側から強い引き止めにあっても退職の際は、

残ることがない旨をはっきり伝えましょう

退職の意思を告げるときに、上司と話し合う機会もあることでしょう。

上司は、退職者を出したくないので、あなたに必死に残って欲しいと願っているでしょう。

その時に「もう少し押せば、引き止めることができる」と思わせてはダメです。

例えば上司に

お前の希望していた、〇〇というプロジェクトに配属するとしたら残ってくれるか?

と言われて、あなたが悩むそぶりを見せた場合、退職をしつこく引き止められるという状況になります。

最悪の場合、もっと上の役職の人たちが出てきて、強い引き止めに逢う場合もあります。

なので、しっかりと

もう退職すると決めているんで!

と、

会社に残る気が一切ないことを主張し、退職届を提出するのが賢明です。

僕も退職の意思を告げたときは、必死に引き止められましたが、僕が残る気持ちが一切ないことを伝えたので、上司もそれ以上は言ってこなかったです。

「もう少し、退職を悩んでいる状況なら役職の高い人をいつも呼んでいるけど、翼猫は退職の意志が硬そうだからこれ以上は引き留めない」と言われました。

決して、隙を与えてはいけません。

退職を申し出辛い・・・という方は退職代行サービスを使おう

EXIT

退職したいけれども、上司がパワハラ気質なので中々退職を切り出せない

自分が関わらなくとも穏便に、退職を済ませたい

こういった悩みを抱えている人も多いと思います。そんな人には「退職代行サービス」がおすすめです。

退職代行サービスの特徴は

▼3〜5万円を使えば、確実に退職できる

▼有給を消化することで、事実上の即日退職が可能

▼あなたは家に居るだけで、何もしなくて退職できる

▼未払いの残業代や、退職金等の手続きも行ってくれる

等が挙げられます。

退職の時って、何かとエネルギーを使うんですよね。同僚から白い目で見られたり、丁寧に教えてくれていた先輩が急によそよそしくなったり、

自分に対しての扱いが雑になったり、確かに私も退職1ヶ月前には、そういう節を感じていました。

退職の際の面倒ごとを避けたいというあなたにはおすすめのサービスです。

確実に、ブラック企業を退職したい!という方は、以下の記事をご覧ください。

過去記事:退職代行サービスのオススメはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】

合わせて、転職の準備を進める必要があります。

以下の記事では、転職活動を行う際に絶対に知っておきたい転職サイト・転職エージェントサイトをまとめています。

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです