読書

読書好きはノウハウコレクターになるな!読書でインプットした知識を最大限活用する方法

読書

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

これを読んでくださっているあなたは、読書が好きなのだと思います。

今回は、読書好きが陥りがちな罠について話したいと思います。

こんなツイートをしました。

本を読むのは素晴らしいことです。

文部科学省の調査によると

日本のサラリーマンは1年に12冊くらいしか本を読まないらしいですからね。

マウントを取るわけではないですが意識高い我々なら、1ヶ月程度で世間のサラリーマンたちを追い抜くことが可能ですね!

それはともかく、本を読むのが好きということで、せっかくなら読書の恩恵をたっぷり受けて、日々の生活に換言していこうではありませんか。

先ほどのツイートの通り、読書好きに多いのが

本を読んで分かった気になり、満足する」ことですね。

かくいう私も、昔はついついこのようにしていました・・・。

つばさねこ
つばさねこ
「嫌われる勇気」を読んで、嫌われる勇気を手にいれたぜ!

そう、本を読んで読みっぱなし!だけでは、

いつまで経っても「ノウハウコレクター」なんですよね。

今日は、これに関して話していこうと思います。

この記事を読めば、

読書をしてもノウハウコレクターでは全く意味がない話

読書でインプットした知識を、自身の生活に最大限活用する方法

この辺りが、わかります。

読書するあなたは、「自分の人生をいい方向に変えたい!」とか「もっともっと知識をつけたい!」と思って読書をすると思います。

せっかく時間を割いて読書をしている訳ですし、読書による効用を最大化することによって、読書を有益な時間にしましょう。

この記事の信頼性

年間読書を50冊以上読む私が、いつも行っている読書の時間を最大限に活用する方法を皆さんにお伝えします。

読書好きはノウハウコレクターになるな!読書で生かした知識を最大限活用する方法

インプット

ノウハウコレクターの正体

本を読んでいる最中、自分は本の中の世界に引き込まれているなぁという感覚に陥ると思います。特に、自己啓発本。読んでいるだけで、どこからともなくやる気が湧いてきて

読み終えた後、全身からやる気が漲ってくる!という状態になりますよね。

自己啓発本を読み終えた後の自分は、何にでもなれる気がします。

よし!人生、本気出すぞ!

と、意気込んでいると思います。そう・・・その当日までは。笑

日が経つにつれて、読書で得た知識は少しづつ失われていきます。

3日も経てば、本を読んで一念発起したあのやる気は何処へやら。

そんな経験、ありませんか?私は何度もあります。

そう、読書好きが陥りがちな罠。

その正体こそ「ノウハウコレクター」なんですよね。

知識だけはなんとなく習得したけど、それ以上でもそれ以下でもない残念な方達です

読んで満足、では何も変わらない

読書をする時、特に自己啓発本が好きな人ならわかると思いますが

読んだ直後にはやる気がみるみる湧いてきますよね。

ただ、読んだ直後を境に、時が経つにつれて、モチベーションは下降していきます。そして、本で得た知識も忘れてしまいますよね。

自分を変えようと思って、本を読んで生活の改善を図ろうと試みても

1週間も経つと、元どおりの状態。これでは、読書をした時間無駄すぎませんか?

そう、どんなに良い良書にあなたが巡り合ったとしても、読んで満足ではあなたの人生は何も変わらないんですよね。

だらだらと読んで、本の内容を理解した気になっただけの

ノウハウコレクターになるのはもうやめにしましょう。

ノウハウコレクターではなくて、

読書によって得た知識を自らの生活で実際に使ってみることが重要です。

では、どのように読書でインプットした知識を最大限活用するのかを

ここから解説していきます。

読書でインプットした知識を、最大限活用する方法

読書でインプットした知識を最大限に活用するためには

重要な情報を忘れずに記録し、自身の生活に落とし込んでいく」ことが必要です。

そのためには、以下のステップを踏む必要があります。

①本で得た学びをとにかくメモする

②得た情報をアウトプット

③メモ内容を実践する

④たまに復習する

では、順に説明します。

①本で得た学びをメモする

メモをする目的は「重要な気づきを、自分の知識として蓄える」ためです。

本を読んでいて重要だな!と思った箇所は、積極的にノートやPCのノートにメモをするようにしましょう。メモする習慣は本当に大事です。

メモすることによって得た知識が、思わぬことによって自分の生活で役に立つことだってあるかもしれません。

積極的に、大事だと思った所にはマーカーで印をつけて、すぐに見返すことができるように付箋を貼るようにしましょう。

②得た情報をアウトプットする

アウトプットする目的は「インプットした情報を、自分の記憶に定着させる」ためです。

本を一冊読み終えた後、章毎でもいいのですが、本で得た学びを積極的にアウトプットするようにしましょう。

ノウハウコレクターにありがちなのが、インプットして満足!で終わることです。

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7の割合だと言われてます。

なので、せっかくあなたが必死にインプットしたとしても、アウトプットするとすぐに忘れてしまうんですよね。

人間は、記憶した20分後には既に40%ぐらい、覚えたことを忘れるということがわかっています。(エビングハウスの忘却曲線)

なので、積極的に得た知識をアウトプットをしましょう。

お勧めのアウトプット方法は以下の通り。

①読書で得た知識を、140字で要約してTwitterで呟く←オススメ

②ブログで、書評を書いてみる

③本を読んだ後、読書によって得た気づきを日記に書く

1番のオススメは、Twitterで呟くことです。Twitterを利用している人も多いと思います。

お勧めの理由は、「140字で要約するのは、その知識を自分の言葉でまとめる機会を提供してくれるから」ですね。

インプットした知識を自分の中で変換して、アウトプットしているので知識として定着しやすいです。

またTweetを見返すと、いつでもその知識を見返すことが出来て、自分だけのメモ帳にもなります。

③メモ内容を実践する

インプットして得た気づきを、アウトプットして自分の記憶に定着させた後は、実際にメモをした内容を自分の生活の中で使うことを意識しましょう

例えば、本に「成功者は、朝早起きをしている」という事実が自分にとって重要だと感じ、これを実践したいと思った場合ですね。

メモ内容を実践する時には、以下のことに留意しましょう。

①翌日から実践できる!と思った場合は、早速本日or翌日から実践する

②実際に知識を実際に転用し、自分の習慣に落とし込めるレベルまで具体的にする

せっかくインプットしても、実践しないとノウハウコレクターです。

生活を変えるために本を読んだ訳ですから、早速本日or翌日に挑戦してみましょう

また、実際に知識を転用する行為も大事です。

成功者は朝早起きをしている→これを転用→自分は毎朝5時に起きるようにする

といった具合ですね。どのように行動すればいいのかを明確にしましょう。

④たまに復習する

人間は、復習しないと必ず忘れる生き物です。

復習は、当日、翌日、3日後、1週間後、3週間後、1ヶ月後・・・と徐々に間を空けつつ、繰り返し行うのが良いとされています。

「どうしても、そんなに時間が取れない・・・」という人は、せめて当日の復習だけは行うようにしてください。

なぜなら24時間経てば、覚えたことの74%は忘れてしまうからです。(恐ろしい・・・)

当日中に復習することで、忘却に対するストップをかけることが可能です。

また、人は3回復習繰り返すとその後の1週間は記憶に残りやすいので、

最低でも3回は復習すると良さそうです。

復習方法は、以下の3つ。

①メモの内容を、読み返す。

②本に付箋とマーカーをした箇所を読み返す。

③Audibleで、耳で聞き直す。

Audibleを使って耳で復習するのは、記憶にも定着しやすい&隙間時間を使って出来るので結構お勧めです。

隙間時間を上手に活用してインプットする方法!「Audible」で読書しよう【1ヶ月目無料】

まとめ:インプットした知識は自分の人生にしっかり活用しよう

ノウハウコレクターでは、あなたの人生は変わらない

読書は、インプット→アウトプット→実践→復習の繰り返し

以上、ノウハウコレクターに陥るな!という注意と

読書で知り得た知識は、自分の人生に活用することが重要だという話をしました。

これを意識しておくだけで、読書が今後

あなたの人生にもいい影響を及ぼしてくれます。

是非、実践してみてください。

 

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです