会社やめたい

サラリーマンの月収は少ない。仕事なんてやってられない。

月収少ない

翼猫(@wing_tamalife)です。

僕はふと思いました。サラリーマンの月収って少なくないですか。

サラリーマン生活は、2年足らずで引退しましたが、当時の給料は手取りで20万円程。

新人のペーペーの頃に、ほとんど仕事ができない状態で20万円貰えるのはありがたいことです。

しかし、将来的に考えてみると、サラリーマンという職業は夢がないと僕個人的に思います。

会社の四季報で自分の会社の平均年収を知ることができますが、僕の勤めていた会社はせいぜい600万円といったところでした。

サラリーマンの平均年収は、大体440万円程らしいですね。

月収にすると、35万円ほど。

この数字は、大学生の頃、当時アルバイトをしていた僕にとっては

翼猫
翼猫
毎月35万円貰えるのか!充分じゃん!

と思っていましたが、

世間を俯瞰してみてみるとどうも35万円という数字がショボく感じる。

そう、サラリーマンの月収の少なさに僕は絶望したのです。

サラリーマンの月収は少な過ぎて、仕事なんてやっていられません。

ましてや「つまらない仕事」なら特に。

サラリーマンの月収は少ない。仕事なんてやってられない

悲しみ
ぶっちゃけ、サラリーマンの月収は少ないです。人は、お金が好きですよね。

僕もお金が好きです。

お金のために厳しい仕事を耐えて耐えて毎日を過ごしている人も多いと思います。

ただ、何度でも言います。

サラリーマンの月収は少なくてやってられません。

独立して、価値観がぶっ壊れた

日本には、雇われ人である「会社員」と、個人で活動する「個人事業主」がいます。

サラリーマンを引退して、僕は「フリーランス」という境地に足を踏み入れました。

新卒入社した会社を21ヶ月で辞めて独立した話【脱サラ】 つばさねこ(@wing_tamalife)です。 1年9か月過ごしたサラリーマン生活を無事に終え、帰宅しました。 長...

日本では、サラリーマンの数が圧倒的に多いので、サラリーマン事情の常識が世間一般ではまかり通っていると思います。

新卒だと20万円」だとか、「年収1000万円いけばすごい」だとか、そんな感じです。

僕も、サラリーマンをしていた頃は

翼猫
翼猫
年収1000万円って、すごすぎるよなぁ

と思っていました。

しかし、いざネット起業で独立してみると、フリーランスの世界では「年収1000万」なんてザラに見かけます。

それどころか、すごい人だと「月収1000万円」とかもいらっしゃいます。

いや、嘘だろと。

みんな嘘を言っているんじゃないかと。

最初は疑っていましたが、どうやら真実のようでした。

ブログ、YouTubeで活躍されている方は、月収100万円とか、簡単に超えてきます。

そうなると、「月収35万円、ボーナス50万円とかで喜んでいるのがバカらしくなる」というのが正直なところです。

それも、会社員という立場では、自分のやりたい業務ばかり任せてもらえるとは限りません。

年収でマウントを取るのが、バカらしくなります。

過去記事:年収でマウントを取ろうとするサラリーマンがいるという現実

お金
年収でマウントを取ろうとするサラリーマンがいるという現実つばさねこ(@wing_tamalife)です。 今回は皆大好き、お金の話です。 特に大手企業のサラリーマンは若くして良い給...

給料をもらえるのが当たり前ではない

日本人の多くは「固定給」という概念に囚われ過ぎています。

この年齢だったら、このぐらいの月収が妥当だろう」と目星をつけ、平均より自分の給料が超えていたら一喜一憂するのだと思います。

しかし、固定給というのは貰えるのが当たり前ではないんですよね。

本来、昔の人々は「自給自足」をしていたはずです。

自分の食べる分は、自分で稼ぐというスタンスですね。

それがいつしか、「会社に入ることが当たり前」になって、会社に依存しまくるという人が増えています。

本来ならば、フリーランス的な自由業で生計を立てる人ももっと居てもいいと思うのですが、現在の日本ではまだまだ少ないのが現実。

日本のサラリーマンの比率は87%で、自営業はわずか10%にも満たないというデータもあるくらいです。

代えが効く仕事自体、大きな価値がつきにくい


会社という組織で働くということは、歯車の中で動く一員だということ。

これが意味することは「代替可能なパーツ」ということですね。

例えば「コンビニ店員」を見てみましょう。コンビニ店員の時給というのはせいぜい1000円程度だと思います。

安いですよね。これは、「誰にでも出来る簡単な作業」であるからです。

要は、サラリーマンの仕事は「代わりに誰でも出来る仕事」が大半であるので、価値が付きにくいんですよね。

会社という組織に所属している以上、基本的にマニュアルに沿って業務を行います。

それでは市場価値が上がらないので、当然月収も低く抑えられるということです。

自分で給料を決められない

雇われ人である限り、月収というのはあらかじめ定められていますよね。

あまり自分では意識しない部分ですが、もし月収20万円のサラリーマンが居たら「月収20万円」という契約に同意して、会社と雇用契約を結んでいます。

ここで注目したいポイントが、「どれだけ頑張っても、どれだけ手を抜いても給料は殆ど固定」なんですよね。

そうなんです。給料変わらないんです。

自分がどれだけ頑張っても、給料を払うのは会社なので、会社側が決めることです。

なので、もし仮に1億円のプロジェクトをあなたが成功させたとしても、1億円は会社の元に入っていきますよね。

実際、「3000万円のお金を動かしたっ(ドヤ)」と自慢をしているサラリーマンを見かけますが、自分の元に入ってこないので、あまり意味がないですよね。

そう、サラリーマンは自分で給料を決めることが出来ません。

一生、お金持ちになれやしない

一部のサラリーマンを除いて、お金持ちになることは出来ません。

「お金持ち」という概念が曖昧ですが少なくとも「高所得者」が少ないのが現状です。

外資金融マンやコンサル会社なら、何千万とそこそこ給料は貰えますが、全員が全員そこに勤められるとは限りませんよね。

日本のサラリーマンの平均月収が35万円ということからも分かるように、多くの人が月収の少なさに不満を持つこともあるでしょう。

会社を変えるだけで、年収が大幅にUPする可能性も

給料というのは、会社によって当然変わってきます。

あなたという人間がいて、Aという会社が「あなたを月20万円万円で雇いたい!」という一方で、Bという会社が「あなたを50万円で雇いたい!」という場合もありますね。

会社を変えるだけで、年収が大幅にUPすることなんてザラにあります。

まずは、自分の市場価値を知るためにも、市場価値を診断してみましょう。

「ミイダス」という転職サイトでは、あなたの今までの経歴や職務経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析してくれます。

僕も使ってみましたが、中々市場価値が高くて驚いたのが印象的でした。

過去記事:ミイダスで市場価値を診断してみた。その結果は?

分析
ミイダスで市場価値を診断してみた。その結果は?こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 波あり谷ありの人生を送ってきて、今現在月収200円のブロガーです。 ...

\登録&利用無料/

月収に不満を感じたら、転職を考えてみるのもありです

自分が行う作業に対して満足のいく収入が得られていないとすれば、転職を考えてみるのも良いかもしれません。

あなたの価値を高く評価してくれる会社が、必ず存在します。

転職サイトにいくつか登録して、転職のプロの話を聞いてみたりすると良いでしょう。

転職エージェントサイトでは、専門のカウンセラーが相談に乗ってくれて、あなたに適した転職先を探してくれて、自己分析、面接の指導等を行ってくれます。

月収の希望を相談すると、カウンセラーが条件にあった企業を探してくれますよ

以下の記事では、転職活動を行う際に絶対に知っておきたい転職サイト・転職エージェントサイトをまとめています。

もし、

・退職したいんだけど、上司に中々言いづらい

・退職したくても、なかなか辞めさせてもらえない

という方には「退職代行サービス」を利用することをオススメします。

退職代行の業者に、退職の手続きをお願いすることで退職前〜退職後に至るまでの手続きを代わりに全て行ってくれます

あなたは何もする必要がなく、家にいるだけで即日退職が可能です。

近年、労働環境が悪くなっていく一方で、「退職代行サービス」の利用もどんどん増えているのが現状です。

確実に、ブラック企業を退職したい!という方は、以下の記事をご覧ください。

過去記事:退職代行サービスのオススメはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】

退職代行サービスのおすすめはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】つばさねこ(@wing_tamalife)です。 退職代行サービスというものがあります。 会社勤めの人の中には ・...

 

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです