読書

Kindle Unlimited使ってみた!読書が好きな人は使うべきサービスです【体験談】

Kindle

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

本日も、読者の皆様に有益な情報を発信してまいります。

この記事では

Kindle Unlimitedって聞いたことあるけど、実際どうなんだろう?
本を沢山読みたいけど、結構値段高いんだよなぁ・・・

と、お悩みを抱えるあなたに向けて、『Kindle Unlimited』についてお話ししたいと思います。

かくいう私も大の読書好きでして、生活の中で一番本に投資していると言っても過言ではありません。

翼猫
翼猫
有益な情報が手に入るのは安いけど、一冊1500円以上って結構するよね〜

と思ってました。ただ、独立するにあたって節約を心がけていたので、本の出費をどうにかできないかということで、何か良いサービスがないかと探しておりました。

そこで出会ったのが、『Kindle Unlimited』です。

この記事を最後まで読めば、

・月額を支払えば、値段を気にせずに読みたい本を読みまくることが出来る

・読書量が増えて、賢くなれる

・これを機に、本の値段を気にせず読書を習慣化できる

といったことが実現できます。

Kindle Unlimitedを今まで一度も利用したことがない場合は、30日間無料で試すことも可能なので、是非この機会にお試しあれ。(無料体験期間中に途中解約の場合は、料金発生なし

 

翼猫
翼猫
読書好きは、最後まで目を通してみてください!

 

この記事の信頼性

Amazon Unlimitedを実際3週間程使用している私が、実際の仕様所感を元に述べています

Kindle Unlimitedは読書好きのあなたなら使うべき

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedってそもそも何?

という方に向けて説明しておくと

Kindle Unlimitedとは「Amazonが提供する電子書籍サービス『Kindle』の中の対象本を、月額980円で読みまくれるサービス」です。

Kindleには、漫画、小説、雑誌、ビジネス書など幅広いジャンルの本が揃っております。

一般的なビジネス本が、一冊1500円程の値段で販売されているわけですから、 Kindle Unlimitedで一冊読んだだけで、本が取れるどころか、お釣りがくる計算になりますね。

Kindleは、お持ちのスマートフォンやタブレット、専用のKindleデバイスで本を読むことができます。

Kindle Unlimitedの良い点

・本を1ヶ月のうちに何冊も読む人は、一瞬で元が取れる

・場所を取らない

では1つずつ見ていきましょう。

・本を1ヶ月のうちに何冊も読む人は、一瞬で元が取れる

本って、結構高く感じますよね。小説や漫画だとそうでもないのですが、ビジネス書は1冊1500円を超える本が多いです。なので、週に1冊本を読むとしても、月に6000円はかかってしまうわけですね。

翼猫
翼猫
く・・・1500円越え・・・

と思いつつもどうしても読みたい本は本屋で購入しますが、ブックオフへ古本を探しにいくことが多かったです。

そこで、このKindle Unlimitedと出会いました。そのお値段なんと月額980円です。

翼猫
翼猫
私が契約した時は、なんと3ヶ月で198円で利用できるという破格のキャンペーン期間にて利用開始することができました!

この例は年末年始のボーナス期間の申し込みだったからこそのバーゲン価格ですが、普通に考えても月額980円なら、安いです

月に1冊読む方は1冊読むだけで元が取れます。また、お金がかかるから本があまり買えなかった!という方もこれを機に沢山本と触れ合う機会が増えると思います。

場所を取らない

これは、電子書籍特有のメリットですね。本好きであればあるほど、自宅に本の数が増えていくのですが、場所をとるんですよね。

電子書籍の場合は、スマートフォン、もしくはKindleデバイス等に何冊も本が保存しておけるので、一切場所を取りません。

また、旅行や外出する際の持ち運びにも便利ですね。

Amazon Unlimitedの気になる点

・すべての本が読み放題というわけではない

・紙の本が好きな人にとっては本を読んでいる実感がない

・1度に登録できるのは10冊まで

すべての本が読み放題というわけではない

Kindleの中の全てが、読み放題というわけではありません。

「Kindle Unlimited対象本」限定で、読み放題を利用することができます。

それでも、対象本は31万冊(2019年時点)なので、豊富な数の本が読むことが出来ることがわかります。

どのような本が対象本なのかは、後ほど紹介いたします。

紙の本が好きな人にとっては本を読んでいる実感がない

これは人によるかもしれませんが、

紙の本以外は、読んでる実感がなくて本じゃない!

という人もいますよね。私も、Kindleを使用する前は電子書籍の使用なんて考えたことすらありませんでした。

私も、電子書籍を使用して以来、紙の本でも読書を行うことがあります。これは、好みの問題ですね。

「Kildle PaperWhite」というKindle専用の電子書籍リーダーを使っているのですが、そちらを使えばブルーライトを使用していないため「まるで紙の本を読んでいるような感覚」になるので、お勧めです。

過去記事にて、使用所感を紹介してありますので是非そちらもご覧ください。

Kindle Paperwhite(第10世代)の良い点・気になる点(購入後レビュー)

1度に登録できるのは10冊まで

何冊でも読むことが出来るのですが、Kindle Unlimitedでは、1度に手元にダウンロードしておけるのは10冊までとなっています。イメージとしては、借りられる本の数に上限がある図書館のような感じです。

10冊まではKindle内で手元に持っておくことが出来るのですが、それ以上(11冊目)を借りようとすると、1冊返却しないといけない仕組みです。

読みたいときにまたいつでもダウンロードできるので、この制度はそこまで気にならないかと個人的に思います。

実際どういう本があるの?

数々の人気本も登録されています。

私の独断と偏見にて、

個人的にオススメだな!と思った本をいくつか挙げておきます。(2020年1月17日時点の対象本です。時期によって、多少本ではない可能性あり。)

メモの魔力

ハッタリの流儀

多動力

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養

 

はい、今回は読書好きのために「Kindle Unlimited」を紹介しました。

無料で30日間試すことが出来るので、まずは実際に使ってみて

快適な読書ライフをお過ごしください!

翼猫
翼猫
あなたにとって、素敵な本と出会える機会になれたら幸いです!

 

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです