会社やめたい

家に引きこもる人生も、悪くないよね【人生は長い】

家

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

仕事を辞めて、家に引きこもりたい・・・
仕事を辞めてひきこもっているけど、外で働きたくないなぁ・・・

こういった仕事での悩みを抱えるあなたに、

今回は、家にひきこもるのが大好きな筆者が、

ひきこもりを肯定したいと思います。

家にひきこもる生活を始めて、はや2ヶ月くらい経つのですが率直に今の気持ちを

申し上げます。

つばさねこ
つばさねこ
控えめにいって最高です!

在宅フリーランスとして、ずっとブログを書いたり、本を読んだり、YouTubeを撮影したり悠々自適に暮らしています。

世間では、「ひきこもり=隠キャ」「ひきこもり=ニート」みたいな、「ひきこもり」に対する目線は厳しいものがあります。

まぁ、結論から言うと

つばさねこ
つばさねこ
外に出たければ出ればいいし、ひきこもりたければひきこもればいい!

ということです。

僕はひきこもりが悪いとは思いません。生活に必要な資金さえ調達することができれば。

むしろひきこもることは、必要なことであると思うし、人生に大きな意義を与えてくれると思います。

今回行うのはそんな話。

僕は、ひきこもりの皆さんの肩を持ちます。

家に引きこもる人生も、悪くないよね【人生は長い】

ひきこもり

家に引きこもる人生も、悪くないと僕は思います。

人生は長いのだから、少しぐらい働かない期間があってもいいじゃないですか。

働きたくないなら、無理に働く必要はない

憲法27条には、以下の表記があります。

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

これを見ると、

働くことが義務って書いてあるけれど、働かないと強制的に働かされるの?

という疑問を持つ人がいるかもしれません。

安心してください。そんな心配はありません。

別に働かなくても大丈夫。

勤労の義務=強制的に仕事をさせられるということではなくて、

国家からの社会保障を受けるためには、労働をしてくださいね!と言うことです。

国民が国家のために働くから、国家も国民が困ったときは社会保障で助けるという

相互扶助的な考え方ですね。

なので、働きたくなければ、別に働く必要はないんですよ。

人生は長いので、少しぐらい休んだっていい

人生は長いです。会社員の場合、20代前半で社会に出た後、

その後40年以上働き続けることが一般的とされています。

この事実を聞くたびに思うのですが

つばさねこ
つばさねこ
40年って・・・長すぎでしょ!

ということです。

会社員の場合は、平日週5日間は決められた時間に出勤して、土日祝日は休み。そして平日がきたらまた出勤・・・。こう言うライフスタイルで生活している人が多い。

中には、そんな生活に疲れて

家から出たくないなぁ〜
会社辞めたいなぁ〜

とか、思う人はいっぱいいます。

本気でそう思っているのならば、別に家から出なくてもいいんですよ。

会社に行かなくてもいい。

そう言った人は生活のためにお金を稼ぐ「ライスワーク」をしている人に多いのですが、「働かない期間」というのも、長い人生の中で少しぐらいあってもいいのではないでしょうか。

精神的、身体的に無理して会社に行く方が、自分にとって悪影響を及ぼしかねません。

鬱病や、精神疾患、自殺など、そうなってからでは遅いんですよね。

ひきこもりは、人生を考え直させてくれる

ひきこもりの1番の良さは「内省の時間が増える」という点があげられます。

内省とは、「自分自身で、自分のことについて深く思考すること」ですね。

外に出て社会的に生活をしていると、どうしても周りの人間に興味が移ってしまいます。

だけど、もし一人暮らしの独身である場合、

閉ざされた空間の中の世界には自分しか存在しません。

そうなると、思考の時間が増えます。当然、そういった時間は意図的に自分で作る必要があるのですがね。そして、ただただひきこもっているだけではなく

これからの人生、自分は何がしたいのか

3年後、5年後に自分が達成したいビジョンは何か

等を考える習慣をつけることが重要です。

一旦、外の世界と距離を置いて、世界と自分とを俯瞰して見ることで、

今後歩んでいくべき方向性、やりたいことが見つかるかもしれません。

思考停止で働き続ける方が、よっぽど悪

会社員で、日々の忙しない毎日を過ごしていると、自分のことを考える余裕が無くなってくるという事実があります。

そうすると、ふとしたときに考えるんです。

あれ、自分って、なんのために働いているんだろう・・・

個人的に、思考停止状態で働くorお金のために働く労働をするくらいなら、働かない方がましだなぁと思います。

1番の理想系は、「好きな仕事を徹底して行っていたら、勝手にお金がついてきた!」

というパターン。

1番の最悪な形は「とりあえず、お金の為なら我慢してでも嫌な仕事をする」というパターン。

お金のために働く労働を40年間も続けるのは、正直地獄です。

そう思いませんか?

同じ40年働くのであっても、自分の意志で働くのと思考停止で働くのでは、

随分と人生の幸福度に差が開いてきます。

・お金のために、我慢して、嫌な労働に40年間耐え続ける

・好きな仕事をして、自己成長させながら40年間毎日楽しんでお給料をいただく

「自分がやりたい仕事なんて分からないから、仕方なしに働いている」

という人は、一旦会社を辞めてみて、家にひきこもる生活を少しの間とることをオススメします。

そういう場合は、先述した通り、内省の時間が必要です。

思考停止で働いた先には、何も生まれません。

そこに待っているのは、歳だけとって、中身がぺらぺらな自分。

そんな大人になりたいですか?

家にひきこもるのも、立派な戦略です。

まとめ:ひきこもりも捉えようによっては悪くない

まとめ

働きたくないなら無理に働く必要はない。いつでも家に戻ってこよう

労働人生は長いので、働くのが嫌になったら戦略を練ることも必要

ひきこもることは、内省の時間が増えること

思考停止で働くよりは、戦略的にひきこもる方が余程有益

 

思考停止で働き続ける」より、

一旦労働とは距離を置いて、自己内省する」ことが重要であると説明しました。

つまり、意味のない労働よりも戦略的なひきこもりの方が、重要だということです。

家にひきこもっていても現在では、Webでのサービスが充実していることで、SNS、ブログ、YouTube等がビジネスになる時代です。

会社員より、稼いでいる人も沢山いるぐらいですから。

「ひきこもり」や「ニート」と言われる方でも、すぐに「在宅フリーランス」として家の中で仕事ができる、本当に恵まれた時代に生きているなと痛感します。

家に一生引きこもっていたい!という方には

サラリーマン的な働き方よりも、フリーランス的な働き方がおすすめです。

人生100年時代」と言われる中で、

少しぐらい寄り道、休憩してもいいじゃないですか。

何が起きるか分からないことが楽しいのも人生の魅力。

自分の好きなように、行動してみましょう。

つばさねこ
つばさねこ
自分はひきこもり生活が幸せなので、しばらく家にひきこもります。
家の中
引きこもり生活が最高な件。サラリーマンには戻れない【在宅フリーランス】つばさねこ(@wing_tamalife)です。 普段は家に引きこもって、 ブログやyoutubeで情報発信して生活している...

もし、

・退職したいんだけど、上司に中々言いづらい

・退職したくても、なかなか辞めさせてもらえない

という方には「退職代行サービス」を利用することをオススメします。

退職代行の業者に、退職の手続きをお願いすることで退職前〜退職後に至るまでの手続きを代わりに全て行ってくれます

あなたは何もする必要がなく、家にいるだけで即日退職が可能です。

近年、労働環境が悪くなっていく一方で、「退職代行サービス」の利用もどんどん増えているのが現状です。

確実に、ブラック企業を退職したい!という方は、以下の記事をご覧ください。

過去記事:退職代行サービスのオススメはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです