大学生

就活を適当に済ませるとどうなるのかを話します【経験談】

スーツ

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

大学を卒業した後は、多くの人が就職活動をして一般の企業に就職すると思います。

僕も、その大多数の人間の一人でした。

ただ、僕は就活をそれほど重要視していませんでした。なぜなら「特に、やりたい仕事がなかったから」です。

ずっと大学生が良いな〜、とか働きたくないな〜とか思いながらも、気が進まずも就職活動を開始。

なので、就職活動に対してはそれほど熱意もなく、インターンも1つだけしか行っていません。

つばさねこ
つばさねこ
とりあえず、大手に入れば良いんでしょ〜

と思いつつ、周りに合わせて就職発動を行っていました。

▼こんな記事もよく読まれています▼

過去記事:大学生活は人生の夏休みだと思って4年間遊んでいたら後悔する話【失われた4年間】

大学
大学生活は人生の夏休みだと思って4年間遊んでいたら後悔する話【失われた4年間】つばさねこ(@wing_tamalife)です。 現在、華の大学生活を謳歌している大学生のあなたに読んでほしい。 大学生活の...

就活を適当に済ませるとどうなるのかを話します

就活
この記事では、就活を適当に済ませていた僕がどうなったかの話をします。

結論を先に言うと、就活を適当に済ませると行き着く先は「ブラック企業に拾われる」です。

僕は、適当に就活を済ませた結果ブラック企業に行き着きました。

あなたがこれから就職活動を行う場合は、この記事を読んで何かを学んでいただけると嬉しいです。

それなりの努力では、それなりの結果しか返ってこない

こんなツイートをしました。

世の中の全てのことは、「それなりの努力では、それなりの努力しか返ってこない」という一言に集約されると思います。

なんでもそうです。

受験勉強は、努力した分だけ良い大学に入れますよね。逆に勉強をあまりしなかったら、偏差値の低い大学にしか入れません。

これは、就職活動にも当てはまります。

インターンシップ、自己分析、OB訪問、エントリーシート、グループディスカッション、面接…等々、就職活動をする上では避けては通れない道ですよね。

これらを早期から実施し、対策をしていた人は僕の知り合いでも大企業と言われる所に入っています。

努力をしている人は、大学1年、2年の時から既に動き出しているのです。

僕は、大学3年生の終わり頃に「就職活動めんどくさいなぁ〜」と思いながら、本格的に動き始めていました。

その結果、早めに動き出していた周りの人たちは1次選考、2次選考…と進めていて焦っていた記憶があります。

つばさねこ
つばさねこ
選考全然進まずに、リクナビの「100社一斉エントリー」をして心を落ち着かせていたこともあるよ!

選考が通りやすい企業だけを選考する

僕は、就職活動の選考の中でも「グループディスカッション」が大の苦手でした。大人数の議論となると、全く話せなくなるんですね。

なので、どうしても気になった企業でも、グループディスカッションがあるからという理由で選考することを辞めたこともあります。

グループディスカッションが選考過程にある企業は、見事に全落ち。

ちなみに、面接も苦手でしたが、面接は避けることができないので渋々受けることに。

結局、僕が内定をいただいた会社は面接が2回だけの所でした。

ブラック企業に拾われるハメに

蓋を開けてみると、僕の入社した会社はいわゆる「ブラック企業」でした。長時間労働、休日は無給の研修、パワハラ等が横行していました。

就活を適当に行っても、必ず内定を獲得することは出来ます。しかし、簡単に入社出来てしまう会社は「ブラック企業」の可能性が高いです。

なぜなら、「人が辞めていくので、常に人手不足である」からなんですね。

面接終了から、内定通知が早い会社は危険ですね。

早い所だと、社長との面接後の10分後に内定をいただいた事がありました。

滑り止めで受けたつもりだったのですが、流石に早すぎてびっくりしましたね。

結局、すぐに会社を退職することに

結局、内定先のブラック企業で消耗していた僕はわずか21ヶ月で会社を退職することになりました。新卒で入社した会社が最悪だったので、

僕にとっては「会社員は、もう嫌」ということになって、僕は会社員を卒業しました。

就職活動をもう少し真剣に行っていれば、今でも会社員を続けていたのかもしれません。

人生って、わからないものですよね。

就活を適当に済ませると、必ず後悔します

これだけははっきり言えます。

つばさねこ
つばさねこ
就活を適当に済ませると、必ず後悔するよ!

ということです。

終身雇用が実質消滅して、生涯同じ1社に勤め上げるという事がへっていることは確かですが、社会人デビューをする際に初めての1社目は特に重要となってきます。

なぜなら、20代の前半は、最も成長できる時期だからです。まだ体力もあるし、頭も柔らかいということで、ビジネススキルの基礎固めをする上で無駄には出来ない時期なんですね。

なので、絶対に就活を適当に済ませることはないようにしましょう。

僕は、「会社辞めたい・・・」と思いつつも、お金がなかったので1年間は居続けましたが、地獄のような日々でした。

会社員生活が嫌になると、プライベートにまで支障をきたすので、ブラック企業に勤めるのは本当にオススメしません。

なので、就活を適当に済ませるということは絶対に無いようにしましょうね。

▼こんな記事もよく読まれています▼

過去記事:就活の軸の見つけ方!【軸を間違えると就活失敗します】

コンパス
就活の軸の見つけ方!【軸を間違えたら就職活動失敗します】つばさねこ(@wing_tamalife)です。 時期も2月で、そろそろ3月の就職活動解禁も近づいてきた今日この頃。 これを...

過去記事:内定の辞退が簡単に済む方法!内定辞退セットを使おう!

スーツ
内定の辞退が簡単に済む方法!内定辞退セットを使おう。【就活生必見】こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 就活生の皆さん。 言いまくってたんじゃないですか? ...
ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです