大学生

学歴コンプレックスを無くす方法を解説します

学歴コンプレックス

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

社会に出てから死ぬまで、生きていく中で色々と他人と比べる機会があると思います。比べたくなくても、どうしても人と比べてしまうのが人間です。

そこで、この記事を読んでいるあなたも「学歴コンプレックス」に悩んでいることもあると思います。

本当は行きたかった大学に落ちてしまい、永遠と未練が残ってしまった人

こんな人に読んでもらいたいと思います。

結論「学歴なんて、全く気にしなくてもいい」というのが答えです。

もう少し深掘りすると「学歴ではなくて、個人的魅力を磨け!」ということです。

この記事を読むと「学歴コンプレックス」が少しでも弱くなると思います。

学歴コンプレックスがなくなると、身がフッと軽くなるんですよね。

大学卒業後の世界には、学歴よりも大切なことがあります。

それさえ理解すれば、学歴コンプレックスなんて気づいたらなくなってます。

学歴コンプレックスを無くす方法を解説します

大学
ではあなたの学歴コンプレックスを払拭していくべく、

学歴が何の意味もないことを証明していきます。

学歴なんて、自己満足

学歴は正直、自己満足以外の何者でもありません。

確かに学歴が高いと、

女の子
女の子
〇〇大学なんだ!賢いんだね!

と言われることもあるかもしれませんが、ただそれだけ。

賢そうな雰囲気で話していたら「おお。さすが〇〇大学。賢そうだな」と思ってもらえます。以上。

普通に生活していれば、高学歴のメリットなんて本当にその程度です。

学歴が高いからと言って異性にモテるだとか、

年収が高くなるとかそういった人生がイージーモードになるような特権はありません。

高学歴
「高学歴=異性にモテる」という考えは幻想である話つばさねこ(@wing_tamalife)です。 今回は、学歴とモテ度の関係性についての記事です。 という男...

正直、上を見るとキリがない

学歴は、上を見るとキリがないんですよね。

例えば、MARCHに入りたい!ってなったとします。

学歴コンプレックスが強い人は、割と学歴でマウントを取りたい、プライドが高い人が多いです。

しかし、MARCHの上には早慶上智がいますし、さらにその上には一橋、東大、京大、更に上にはハーバード・・・。

と言った感じで、学歴コンプレックスというものを抱くと、キリがないほどの劣等感に襲われるんですよ。

お金持ちの例え話を出しますね。

お金持ちになって年収1000万円になったとします。年収1000万円と聞くと、世間一般では稼いでいる部類に入るかもしれませんが、金持ちの世界からすると年収1000万円なんて、端金です。

稼いでいる資産家や投資家は年収数億円とかですよね。

学歴を手に入れたとしても、上には上がいるので、学歴コンプレックスからは逃れられないでしょう。

他人と比較したら、人生なんてコンプレックスだらけです。

学歴も同じで、上を見始めると本当にキリがないんですよね。

なので、気にするだけ無駄ということです。

就職の時以外、学歴なんて役に立たない

学歴に役に立つといえば「就職活動」のときぐらいです。

確かに、学歴フィルターと言うのは実際に存在します。

どうしても就職したい企業に入りたくても学歴がないので入れない・・・という場合もあるかもしれません。

その、どうしても就職したい企業とやらも「ネームバリュー」で選んでいませんか?

ネームバリューで就職先を選ぶと、ろくなことにあいません。

ただ、学歴なんて会社に入社した後は、何の役にも立ちません。

大学が就職予備校と呼ばれるように、

いい企業に就職される企業に入るためだけに入るようなもの。

学歴が高い人は勉強はできるのでしょうけど、学歴が高い=勉強ができるではありませんからね。

勉強と実務では、全く違います。

就活の際でも、例え高学歴だったとしても就活に苦戦する場合も多々あります。

高学歴だったとしても、グループディスカッションや、面接でダメダメなのが見抜かれてしまうと、しっかり落とされます。

就職の際も会社に入社した後も結局は「その人次第」なんですよね。

学歴よりも、自分磨きに専念する

学歴は、時に自分の魅力を損なう可能性もあります。

学歴が高い自分=すごい」といった具合に、1度肩書きを手に入れるとそこから努力を辞めてしまう人がたくさんいます。

そんなことよりも、「個人」として魅力的である方が、社会では断然評価してもらえます。結局、大学卒業後のビジネスの世界では「富を生み出す人」こそ価値のある人物なんですね。

学歴がどうとか関係なく、お金を生み出せるのかが鍵です。

なので学歴が高かろうが、中身のない人間は評価されません

厳しい世の中ですが、これが現実です。

学歴だけで中身がスカスカな人よりも、ブログを運営して「自身のメディアを運営して、月に10万円稼いでます!」って言った方が面接の受けが良くなります。

また、10万円も稼げたら、そもそも個人としてもやっていける可能性が充分にありますからね。

大学
大学生のうちにやっておくべき、たった1つのこと。それはブログで稼ぐことです。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 以下のツイートをしました。 【20歳の自分に言いたいこと】 ・アルバイト...

大学を卒業してから、高学歴を見返してやればいい

大学卒業後、全く勉強しなくなる社会人ってたくさんいるんですね。

社会人の1日の平均勉強時間は、なんとたったの「6分」だそうです。逆に6分間で何が出来るの?って感じですよね。

大学時代までは、輝かしい成績をとっていた人物でさえも、社会人になると日々の仕事に追われて、プライベートでは遊んでいるだけ。というのは往々にしてあります。

これは、学歴コンプレックスを持つ人間からすると、大逆転のチャンスです。

大学を卒業してから40年間以上、仕事を通じて生活を送っていくのです。

40年ですよ?

大学の受験勉強なんて、せいぜい3年くらいです。

40年もあなたが勉強を続けると、40年後にはエベレストと、公園の砂場ぐらいの差をつけることが出来るでしょう。

肩書きに囚われるのではなく、自分磨きに専念しましょう。

「〇〇に所属している自分」ではなく、自分の実力で売っていく。後者の方が、圧倒的に価値の高い人間ですからね。

大学
大学生活は人生の夏休みだと思って4年間遊んでいたら後悔する話【失われた4年間】つばさねこ(@wing_tamalife)です。 現在、華の大学生活を謳歌している大学生のあなたに読んでほしい。 大学生活の...
ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです