会社やめたい

新卒で入社後に半年で退職しても問題ありません

退職

 

こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。

24歳でブラック企業を退職して、悠々自適に自宅で暮らしている者です。

この記事は、会社を辞めたい20代のお悩みにお応えします。過去記事の

こんな会社は転職してやる!若手社員が退職・転職したいと思う会社の特徴

で、こんな会社に居続けるのは人生損するよ!というのを紹介しました。

会社を半年で退職したいけど、そんなすぐに辞めるなんて親に合わせる顔が無い・・・

という方は、まずは仕事を辞める時は、親にわざわざ言う必要はない

をご覧ください。

もう少し、あと1年したら辞めるつもり・・・いや、あと2年かな!

と、退職を先延ばしにしようとしている人は現実から目を背けているようにしか思えません。

私が思うに、

つばさねこ
つばさねこ
毎日、会社が嫌すぎて毎日憂鬱!という人は、すぐに環境を変えた方がいいよ!

ということです。環境を変えるとは、

・部署異動を申し出する。

・退職して、別の会社に転職する

・退職して、自分で起業する

・休職して、気分をリフレッシュ

等々、選択肢は沢山あるんですね。

今の現状に不満があるにもかかわらず、変えようとしないのは行動を起こすのって、かなり体力を使うからですよね。

でも、このまま選択をずるずる引き伸ばすよりかは、不満を持った「今」の段階で踏ん切りをつけることをお勧めします。

いずれは、その選択を迫られる時がくるのですから、今のうちに何かしらのアクションを起こしましょう。

そうはいっても、簡単に行動を起こすのが難しいから、この記事を読んでいるんですもんね。

それではこの記事では、皆さんの「現状の不満を払拭するアクションを起こす」後押しができるように、

入社3年目以内でも、会社が嫌ならすぐに辞めるべき理由を話していきます。

新卒で入社した会社を半年で退職しても問題ありません

新卒で入社した会社を半年で退職しても問題ない理由を説明します。

・まだ、取り返しがつく

・背負うものがない今が退職するチャンス

・失った時間は帰ってこない

順に説明します。

まだ取り返しがつく

新卒入社半年ということは、まだ20代前半ですよね。20代前半なんて、まだまだ人生これからです。

30代、40代、50代と今後のライフステージを辿る上で、20代の生き方が人生の生き方を左右する基盤となります。

20代と40代では、企業側から求められるものが全然違います。

20代は、仕事が出来ないのは当然なので、体力、行動力、吸収力が求められます。

40代は、長年キャリアを積んでいるので専門性、即戦力が求められます。

つまり、20代で「今の仕事合ってない」と気付くことができて、逆にラッキーです。40代で新しい分野に参入しようとしても、現実的に難しい部分があります。

新卒で入社した会社自分に全然合ってない・・・人生詰んだわ。

と思うのは時期尚早です。あなたを必要とする環境は、周りを見渡せばいくらでもあります。

つばさねこ
つばさねこ
人生、まだまだここからですよ!

背負うものがない今が辞めるチャンス

新卒入社3年目以内の人の多くが、「独身、ローン無し」の人が多いのではないでしょうか。

中には、奨学金や車のローンを組んでいて返済に追われている人もいるかもしれませんね。

ただ、多くの人は結婚もしていないし、住宅ローンを組んでいないでしょう。

そう、それが「背負うものがない今」です。ライフステージが上がるにつれて、結婚をする人や、家をローンで買う人も出てくるでしょう。

背負うものが増えると、

あなたの一つ一つの行動に周りの関係者を巻きこむことになります。

妻、妻の両親、子供、ローンの会社・・・といった感じですね。

なので、背負うものが増えるたびに、自由が制限されることになるので

そうなったときに「会社やめたい・・・けどやめられない」となってしまう可能性が出てきます。

つばさねこ
つばさねこ
自由は、失ってから初めてその有り難さに気付くものです。

失った時間は帰ってこない

20代である以上、無駄な時間というのは1秒たりとも存在しません。

僕自身、「会社を辞めたい」と思ってから、1年以上は会社に居続けました。

参考:新卒1年目の私が会社を辞めたいと感じた理由を語ります

それは、金銭的な問題でそうなったのですが、今思い返すと

つばさねこ
つばさねこ
もっと早くに準備して、やめれば良かった・・・

と思っていました。

でも、失った時間を惜しんだところで、その時間は2度と戻ってこないんですよね

思い立ったが吉日。今日が人生で一番若い日という言葉があるように、すぐに環境を変えるために行動を起こすべきです。

今後の行動

転職

入社3年以内で辞める人の割合

新卒入社3年以内で離職する人の割合は、3割程度らしいですね。

100人入社したら、3年後には約70人に減っているという感じですね。

割と皆さん行動しているんだなぁと思います。

特にブラック企業では、もう少し離職率が増えて、ホワイト企業では離職率が減ると思います。

が、私の友人で大手企業に勤めている人の周りは、結構すぐに辞めていく人もいるので

大手企業だからといって、現状に不満だったら退職する!という方が多いみたいですね。

退職後は具体的に何をすればいいの?

退職後は、本当にその人次第なので一概には言えませんが、多くの人は以下のどれかに当てはまるでしょう。

①今の職場に不満を持った人→別の会社に転職

②会社員という働き方に不満を持った人→起業・独立

③将来成し遂げたい、大きな夢がある→アルバイト

④ブラック企業でメンタルを磨耗→一時自宅待機

ちなみに私は、②の会社員という働き方に不満を持った人なので、24歳で独立という選択肢を取りました。今は、幸せに暮らしています。

別記事にて、それぞれの退職後の具体的な行動を紹介しますね。

 

会社で嫌な思いをして、メンタルを磨耗している時間は本当にもったいないです。

人生の時間、特に20代の今は最も自由であり、人間として成長できる時期なので

毎日充実した日々を送れるように、1歩踏み出す勇気を出すきっかけになれたら幸いです。

つばさねこ
つばさねこ
若いって、最強のステータス。

もし、

・退職したいんだけど、上司に中々言いづらい

・退職したくても、なかなか辞めさせてもらえない

という方には「退職代行サービス」を利用することをオススメします。

退職代行の業者に、退職の手続きをお願いすることで退職前〜退職後に至るまでの手続きを代わりに全て行ってくれます

あなたは何もする必要がなく、家にいるだけで即日退職が可能です。

近年、労働環境が悪くなっていく一方で、「退職代行サービス」の利用もどんどん増えているのが現状です。

確実に、ブラック企業を退職したい!という方は、以下の記事をご覧ください。

過去記事:退職代行サービスのオススメはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】

以下の記事では、転職活動を行う際に絶対に知っておきたい転職サイト・転職エージェントサイトをまとめています。

 

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです