会社やめたい

会社を辞めたいけど次が決まってない人はどうする?

会社

つばさねこ(@wing_tamalife)です。

先日、こんなツイートをしました。

僕はよくTwitterで、「会社辞めたい」と毒を吐いている人たちに励ましのコメントを送ったりしています。

自分も会社員をやっていた頃は、毎日「会社を辞めたい」と思っていましたし、それぞれの環境が違えど、辛さというのは分かります。

会社辞めたい
社会人1年目の僕が会社を辞めたいと感じた理由 こんにちは。つばさねこ(@wing_tamalife)です。 この記事では、社会人1年目にもかかわらず会社を辞めたいと...

 

そんな活動をしている中で、自分にはどうしても理解できないことがあります。

それは、「会社を辞めたいけど次が決まってないから、辞めれない」という人が多数存在すること。

僕が主張したいのはむしろ、

つばさねこ
つばさねこ
会社に残る方が、先がないよ

ということ。

今回は、そのことについてお話ししていこうと思います。

会社を辞めたいけど次が決まってない人はどうする?

未来

会社を辞めたいけど、次が決まってないから辞めれない・・・と言う声もよく聞きます。結論「会社を辞めたいと思った時が、退職のタイミング」だと僕は思います。

会社を辞めることで、何が不安?

会社を辞めることは、世間一般的に見ると、勇気ある決断のように思えるかもしれません。

僕は、会社を辞めること自体、大したことじゃないと思っています。

会社を辞めても、個人で稼ぐスキルさえ身につけば自然とお金はついてくると思っていますし、転職先にも困ることはないからです。

まぁ、このへんの感覚の違いは人それぞれ違います。

今の時代、会社を辞めたからといって、急に死ぬわけでもなんでもありません。

月10万もあれば暮らせますし、生活保護も受けられますし、転職先も豊富にありますし、アルバイトでも食っていくことは出来ます。

でも、会社を辞めることに対する不安はどこからきているのでしょうか?

収入が減ってしまう不安?世間体が気になる?短期離職は職歴を傷つけるから?

色々あるでしょう。

会社を辞めたところで、何も失うものはない

会社を辞めたからといって、特に失うものはありません。

人というのは、元々会社に所属していない状態の方がベーシックな訳ですから。

会社員、サラリーマンという働き方が気に入らないなら、無理してそういう働き方を選択する必要はありません。

周りがサラリーマンをやっていて嫌々ながら続けているから、自分も辞めるわけにはいかない?

辞めたら家族や恋人にとやかく言われるから辞めれない?

いいえ、そんなことは関係ありません。

あなたの人生なのですから、周りがどうだとかは関係ありません。

周りと比べて、自分の行動に制限をつけるのは非常にもったいないことですよ。

自分のやりたいことを探して、我が道を行けば良いんです。

飯を食うために他の道を探せば良いし、

実際会社員やサラリーマンじゃない生き方をしている人は世の中に沢山います。

食っていくために、正しい道など存在しません。

自分が正しいと感じた道を進んでいくことが正解とも限らないけど、自分のやりたいことを挑戦していくような人生ってなんだかワクワクしませんか?

やりたいことが、見つからない?

会社を辞めたいと思っていても、辞めない人がよく発言するフレーズに

会社を辞めたいけど、やりたいことが見つかるまでは残ろう

という人がいます。

そのやりたいことは、ちゃんと自分で探していますか?

というのも、受け身的に待っていても環境は変わらないんですよね。

自分がやりたいことの答えは、自分で探すしかありません。

急にアイディアが舞い降りてくるということも滅多にありません。

やりたいことがないから、会社に残る=会社を辞めないこと

の言い訳にしか聞こえないんですよね。

会社を辞めた先に、新しい選択肢が転がっている

もし、明日あなたの会社が倒産したらどうしますか?

何も行動せずに、ただ死ぬのを待ちますか?絶対そんなことはしませんよね。

必死に別の生きる手段というのを模索し始めますよね。

さぁ、では早速会社を辞めてみましょう。

自分で急に会社を辞めて、何もない状態を意図的に作り出せば新しい選択肢が見つかります。

僕も、会社を辞めた当初は、収入0の状態。

特にやりたい仕事もなく、割と流れに実を任せて独立した感じですが、「ブログ」と「YouTube」に力を入れようと思って頑張って見たところ、これが結構楽しい。

飯が食えるという領域までは程遠いですが、楽しいことをして生きていけたら最高だろうなという感覚があります。

会社を辞めるときに、ベストなタイミングなんて存在しない

準備ができたら、会社を辞める!

という人がいます。

会社を辞めるベストなタイミングというのは、ないんですよね。

会社を辞めたいと思っているのに、半年後も1年後も会社に残り続ける人って結構いるんですよね。

そういう人は、選択を先延ばしに、先延ばしにして、結局会社に残るという選択をします。

それは、楽な方向に逃げているからに過ぎません。

なんだかんだ、会社員は捉えようによっては楽です。業務時間内に働いていれば、毎月固定で給料が支払われて、生活できる訳ですからね。

転職活動は面倒、退職を告げるのも面倒です。

でも、どうせ会社を辞めようと思うのなら「今」じゃないでしょうか。

嫌なことを後回しにしても、結局その問題は解決することなく必ずツケが回ってきます。

じきに辞めようと思っている会社に残るのは無駄でしかない

どうせ辞める会社に残るという選択は、無駄でしかありません。

そこの会社で昇進を目指すわけでもなく、業務に本気で取り組みたいと思っているわけでもないのに、そこにい続けるのに何の意味があるのでしょうか。

会社に残っていても先がないですよね。

今辞めたいと思っている会社に居る時間があれば、他のことに時間を使うことが出来ます。

新しいスキルの習得に回せたり、副業を始めたり、転職先での業務を覚えたり。

時間は有限なので、意味のないことに時間を割いている時間は本当にないです。

まさに無駄の極み。

まとめ:会社を辞めたいと思った時が辞め時

ここまでの話で、会社を辞めたら先がないのではなくて、

会社に残る方が先がないという意味が分かったと思います。

会社を辞めたいけど次がない!は、言い訳にすぎません。

勤続年数とか、年齢とかそういったことは関係なくて、

会社を辞めたいと思った時がキャリアを見直すきっかけだと思ってください。

また、「会社を辞めたい」と思ったあなたは、恵まれています。

つばさねこ
つばさねこ
新しいことに挑戦できる訳ですから!

自分の新しい可能性、ワクワクする人生がこの先待ち受けています。

毎日

仕事行きたくない・・・

と憂鬱に過ごすよりも

今日も仕事楽しみだなぁ!

と心から思えるようになったらどれだけ幸せか。

あなたには、その権利があります。

もし、

・退職したいんだけど、上司に中々言いづらい

・退職したくても、なかなか辞めさせてもらえない

という方には「退職代行サービス」を利用することをオススメします。

退職代行の業者に、退職の手続きをお願いすることで退職前〜退職後に至るまでの手続きを代わりに全て行ってくれます

あなたは何もする必要がなく、家にいるだけで即日退職が可能です。

近年、労働環境が悪くなっていく一方で、「退職代行サービス」の利用もどんどん増えているのが現状です。

確実に、ブラック企業を退職したい!という方は、以下の記事をご覧ください。

過去記事:退職代行サービスのオススメはどこ?5つまとめてみた【ブラック企業から脱出】

以下の記事では、転職活動を行う際に絶対に知っておきたい転職サイト・転職エージェントサイトをまとめています。

ABOUT ME
つばさねこ/Yudai Tamakubo
本職はWebマーケター(ブログ×YouTube×Twitter)です。 新卒で入社した会社を2年も経たずに辞めて、勢いで独立しました。「金なし、コネなし、スキルなしの状態から独立し、会社員時代の給料超えを目指す!!」という、少々無茶な冒険をしています。
こちらの記事もオススメです